ベツダイ暮らし
この連載では、ベツダイのおうちにお住まいのお施主様に住み心地インタビューをしていきます。 「家を購入するきっかけ」「こだわり」「お気に入りの場所」などライフスタイルに寄り添った内容を紹介します。 これからマイホーム購入をお考えの方は実際の暮らしを見て、自分なりの暮らしを想像してみてくださいね。

一つひとつの「好き」を詰め込んだ 家族が伸び伸びと笑顔で暮らせる家。

  • 大分県
  • 家族構成:ご夫妻+お子様2人
  • 注文住宅

こんなの欲しい、使ってみたい!理想を詰め込んだオンリーワンの住まい

以前はアパート暮らしでしたが子どもの成長とともに手狭になり、家づくりを決意しました。実は、私たちの結婚式で友人代表スピーチをしてくれた主人の親友がベツダイの営業マンだったということもあり、当初から「ベツダイにお願いしたい!」と決めていました。スタイリッシュな家の雰囲気も好みだったので、迷いはありませんでした。土地探しからお願いしましたが、以前住んでいたアパート周辺の環境が気に入っていたので、その近くで土地を見つけてもらい、希望のエリアに家を建てることができました。

プランの自由度を重視し、注文住宅を選択しました。一からプランを作ってもらい、ヘリンボーンの床、開放感のある吹き抜けのリビング、ファミリークローゼットを採用したいとオーダー。行きつけの美容師さんの家がとてもおしゃれで、特に床材に一目惚れしたんです。床のイメージに合う雰囲気の家にして欲しいと、インテリアコーディネーターにお願いしました。床材からはじまる家づくりと言っても良いかもしれませんね(笑)。一枚一枚パズルのように組み込んでいくので職人さんはとても大変な作業だったと思います。そのおかげで足元からも木の暖かさが伝わり、個性あふれるリビングの空間が誕生したので、こだわって良かったと思っています。

無駄のない家事動線は女性デザイナーならではの提案

玄関から入ってすぐの場所に、洗面所、ファミリークローゼット、お風呂場を配置。仕事から帰った主人がクローゼットでスーツを着替え、洗濯物を洗濯機に放り込んで、お風呂に直行することも可能です。水周りが一ヶ所にまとまっているので、家事の時短も叶えることができます。

設計・デザイン担当の安東さんが提案してくれた、スムーズな家事動線や、可愛らしいアーチ型の入り口、極力生活感を感じさせないようにと作ってくれたキッチンのパントリーなど、随所に女性目線の細やかな気配りを感じました。何度もプランを練り直すこともありましたが、最後までお任せして本当に良かったです。

アクセサリーの製作意欲も湧くお気に入りの空間

普段はアクセサリー作家として活動しています。家の中に完成したアクセサリーを並べたり、商品の撮影をしたりする機会もあるのですが、アクセサリーが映えるマイホームです。友達の作家さんの作品を飾ったり、韓流テイストの雑貨など、好きなものに囲まれて暮らせる毎日に幸せを感じています。

階段下の空間にテーブルを置いていますが、このスペースもお気に入りの場所です。お茶を楽しんだり、子どもたちが勉強をしたり、たまに私の作業場になったり…。フレキシブルに活用しています。

空間のアクセントでスチール階段やブラックのアイテムなどを取り入れているので、一見インダストリアルな雰囲気に見えるかもしれませんが、木や漆喰などの天然素材をプラスして全体を柔らかい雰囲気でまとめました。希望だった吹き抜けも開放感を生み出し、リビングでは心地よい時間が流れています。

住み始めて1年が経とうとしていますが、子どもたちや、飼っている猫がのびのび過ごしているのを見ると、自慢の家が出来上がったと実感します。主人の友達との縁ではじまった家づくりですが、何ひとつ後悔はなく、ベツダイにお願いして本当によかったと思っています。