ベツダイ暮らし
この連載では、ベツダイのおうちにお住まいのお施主様に住み心地インタビューをしていきます。 「家を購入するきっかけ」「こだわり」「お気に入りの場所」などライフスタイルに寄り添った内容を紹介します。 これからマイホーム購入をお考えの方は実際の暮らしを見て、自分なりの暮らしを想像してみてくださいね。

デザインも色合いも自分好み。ママのセンスは家族の自慢!

  • Vol.30
  • ご夫婦+お子様2人
  • ZERO-CUBE+BOX

ママのセンスは家族の自慢

筑紫野市に建つスッキリとしたモダンな佇まいの家。室内は、落ち着いた配色と木調で統一されたインダストリアルな空間が広がる。さりげなく配置されたインテリアや植物にもセンスがあふれるこの家は、家族から絶大な信頼を寄せられる奥様のセンスによるもの。
「モノトーン×木調に緑のアクセント」といったデザインも色合いも自分好みに仕上げることができたS様邸のストーリーをご紹介していきます。

  • ▲ 外観はガルバニウム鉄板のファザードでデザイン性も◎。

  • ▲ お客様を迎え入れる玄関もシックな雰囲気に。

シンプルでシックな配色に一目ぼれ

社宅に住んでいた頃から家を建てることを計画していました。そろそろ本格的に、家を建てようというタイミングで、ベツダイさんの「ゼロキューブ」の広告が目に留まったんです。「これだ!」と直感しましたね(笑)「箱型に黒」というシンプルでシックな雰囲気に一目ぼれでした。同じく新築を考えていた義姉と一緒にモデルハウスを訪れ、ゼロキューブの家づくりを知れば知るほど、デザイン性や機能性の高さに惚れ込んでいきました。
もともとモノトーン好きでしたし、コンセプトの「私たちにちょうどいい」にも惹かれました。これだと思ったらそのまま突っ走る私の性格を知っている主人も「好きにしていいよ」と頷いてくれました。

▲ リビングの奥にダイニングキッチン、その奥に独立した個室になるゲストルームを完備。

母譲りのセンスを活かして

特にお気に入りなのが、ダイニングです。一日のはじまりに、登校する子どもたちを見送り、主人と珈琲を味わう時間に小さな幸せを感じますね。
キッチンをやさしく照らすライトはもちろん、家電やキッチンアイテムも好きなフォルムや色でそろえたんですよ。ひとつひとつ吟味して選びました。もともと、私の母はインテリアが大好きなんです。母譲りかもしれませんね(笑)

  • ▲ 吹き抜けに設置した大きな窓からリビングを明るく照らしてくれます。

  • ▲ キッチンの天板が広いのでクッキングタイムもストレスフリー。

細部にまでこだわった私好みの空間

レンガ調のタイルを敷き詰めたリビングの壁は、義姉の家とおそろいでオーダーしたんです。モデルハウスで見たときには衝撃を受けましたね。
ゼロキューブの中でも一番惹かれたのが、このレンガ調のタイルですね。軽くて手触りがよく、本物のレンガのような素材を取り入れたことで、お部屋の質感がアップしたように思います。グレートーンの壁紙や、鉄骨の階段に、レトロなタンブラースイッチと、細部までこだわりの空間に仕上げました。

要望にプラスαで応えてくれる安心感

先に、家を建てはじめた義姉から情報をもらって、どんな家にするか考えていたので、打ち合わせは驚くほどスムーズでしたね。私から要望を伝えると、そのまま落とし込むのではなく「ここに収納があったほうが便利ですよ」「室内干しのためのホスクリーンはどうですか?」など、ベツダイさんから教えていただいたことも、すごく役に立ちました。
義姉の家を建てたときと同じ営業さん、コーディネーターさん、大工さんのチームでとても安心感がありました。これからは、外構まわりにも手を入れて、緑を増やしていきたいですね。

  • ▲ 主寝室も配色にこだわり、高級感リゾートのような空間に。

  • ▲ 長男の部屋はコンクリート打ちっぱなしの壁紙を使用。

  • ▲ 小学生の長女のお部屋は少し明るめに。

ゼロキューブをカスタムオーダーした家は、奥さまのこだわりを散りばめた理想の住まい。最近は、ままごとセットでは物足りない長女とキッチンに立つこともあるという。
母譲りのセンスが活かされたダイニングスペースで、母娘で料理を楽しむ。ベツダイホームの家から次の時代の「インテリア好きの女の子」がまた育っています。