ベツダイ暮らし
この連載では、ベツダイのおうちにお住まいのお施主様に住み心地インタビューをしていきます。 「家を購入するきっかけ」「こだわり」「お気に入りの場所」などライフスタイルに寄り添った内容を紹介します。 これからマイホーム購入をお考えの方は実際の暮らしを見て、自分なりの暮らしを想像してみてくださいね。

アメリカンビンテージの雰囲気を持つ2世帯住宅

  • Vol.17
  • 家族構成:ご夫婦/お母様
  • ZERO-CUBE STEPFLOOR/ZERO-CUBE RECT

四角いデザインが好きだったので、ベツダイさんに魅かれました。

長崎から福岡に転勤になり、賃貸で暮らすことを考えると一戸建てのほうが経済的だという結論になりました。実家の母が『うちの土地に一緒に建てるといいよ』と言ってくれたので、2世帯住宅を建てることにしたんです。
ベツダイさんの家はネットなどで見て、最初から『かっこいいなぁ』と思っていました。
四角い感じが好きだったので『ZERO-CUBE』に魅かれましたね。

私たちの家は『ZERO-CUBE STEPFLOOR』、母の家は『ZERO-CUBE RECT』を参考にしたものです。初めはカリフォルニアっぽいイメージの『ZERO-CUBE MALIBU』がいいなと思っていたので、その要素を加えてアメリカンビンテージの雰囲気にしていただきました。
『ZERO-CUBE STEPFLOOR』は、土地を有効活用して余裕のある空間を生み出しているのがすごいですね。

憧れのガレージをつくることができました!

正面から見ると左が私たちの家、右が母の家です。黒色と木をベースに2棟のバランスも考えられたデザインでかっこいいです(笑)。

▲ 左がKさん夫妻の家、右がお母様の家。黒色と木をベースに2棟のバランスも考えられたデザインだ。左の『ZERO-CUBE STEPFLOOR』は、土地を有効活用して余裕のある空間を生み出しました。

二人ともミニクーパが大好きなので、私たちの家の1階は2台のミニクーパが入るガレージにしていただきました。通常の『ZERO-CUBE STEPFLOOR』は、1階にキッチン以外の水回り、土間仕上げの大収納、2つの部屋なんですが、1つの部屋と大収納をつなぎガレージにしていただいたのです。でも、無理やり感はなくて、天井も高くて圧迫感のないガレージなんですよ。

2階は『ZERO-CUBE STEPFLOOR』がベースですが、4匹のわんちゃんと暮らしているので、床を滑りにくく汚れにくいわんちゃん仕様に変更したりしています。
わんちゃんたちが階段から落ちないように、扉も追加していますね。玄関から右に続く1階の廊下で母の家につながっています。お互いの音などまったく気にならないように、母が暮らす家は1階が主な居住スペースで、私たちの居住スペースは2階という造りになっています。
つながりとお互いのプライベートを両立させる、ほどよい距離感ですね。

  • ▲ Kさん宅の玄関から右に進むと、洗面台があり、その先に続くのがお母様への家につながる短い廊下。つながりとお互いのプライベートを両立させる、ほどよい距離感が保たれています。

  • ▲ お母様が暮らす家は間取りの自由度が高い『ZERO-CUBE RECT』。1階が主な居住スペース。 Kさん夫妻の主な居住スペースは2階なので、お互いの音などまったく気にならないとのこと。

ゆったりしたLDKに、車が見える和室…全力で楽しんでます(笑)

リビングダイニングは、配天井にして、高さと広さが感じられゆったりです。
好きな家具や照明や雑貨をそろえて…くつろげる空間ですね。
対面型キッチンにはカウンターを設置しているので、バーにいるような時間を楽しんでいます。
僕の希望で室内にハンモックが吊るせるようにもしているんですよ(笑)。

  • ▲ 対面型キッチンにはカウンターを設置。ドイツから取り寄せたという背の高い椅子に座ればバーにいるような時間を楽しめる。キッチン背面のクロスや雑貨が飾られた棚はお二人のセンスがつくりあげたもの。

  • ▲ 配天井が高さと広さを感じさせるリビングダイニングは、ハンモックが吊るせて遊び心も満点。ソファーの後ろの格子窓は、わんちゃんが階段から落ちないように設置した扉に合わせてデザインされた造作だ。

妻が気に入っているのはパントリーもあってすっきりとしたキッチンまわり、リビングダイニングの一角にあるワーキングスペース、1階のウォークインクローゼットにあるメークルーム的スペース。
ワーキングスペースは家事の間などのちょっと空いた時間を有効に使うこともでき、メークルーム的スペースは個性的なクロスを貼って楽屋のようにしてテンションあがるようです。

  • ▲ リビングダイニングの一角には奥様のワーキングスペース。落ち着いた雰囲気を持つ空間で仕事がはかどり、家事の間などのちょっと空いた時間を有効に使うこともできて便利だそうです。

  • ▲ ウォークインクローゼットの一角にあるのは奥様のメークルーム的スペース。個性的なクロスを使い、楽屋のようで楽しい場所だ。

そして、二人で楽しんでいるのは、ガレージの奥にある和室。
車好きの私たちにとって、ガレージを持つことは夢でした。愛車を見ながらお酒を飲むといった、車好きには最高の楽しみ方ができてます!

▲ ガレージの奥には和室を配置。「ミニクーパにずっと乗っていた私たちは、ガレージを持つことは夢でしたね」。愛車を見ながらお酒を飲むといった、車好きには最高の楽しみ方ができるとご主人。

そうそう、リビングダイニングにつながっている2階のベランダでは何度もバーベキューをやりましたよ。これから芝生をひいて、わんちゃんたちの遊び場にもしたいですね。

▲ 奥様が「この風景を見ると落ちつきますね(笑)」というキッチンからの眺め。広いベランダは 「何度もバーベーキューをやりました!芝生をひいてわんちゃんたちの遊び場にもしたいですね」。

家づくりで大切なのは、実物を体感してイメージすることかな。

家づくりをする時、雑誌やインターネットでの情報収集も大切ですが、やはり実物を見て感じることは多いと思います。ベツダイさんの家はモデルルームで実際に体感することができたのでイメージしやすかったですね。
ベツダイさんの提案する家は商品ラインナップが豊富ですから、マイホームを考えている方の好きなタイプのものが見つかりやすいかもしれません。家づくりをゼロから考えるのは大変だと思うんです。ゼロからつくるのではなく、ベースを決めてからアレンジしたりカスタマイズしたり…いろんなことを相談できます。私たちはわがままし放題だったかもしれませんが(笑)。
でも、わがままな相談を言える会社さんや担当者さんでよかったです(笑)。

担当営業

担当:
【福岡支店】
森田祐輔

担当営業よりK様ご入居おめでとうございます!
初めてご案内させていただいた時、人柄が良く仲の良いご家族だなということが印象的でした。
K様邸は、ご夫婦ともに愛車をお持ちでガレージ付きの2世帯住宅を建てさせていただきました。
旦那様こだわりのガレージスペースと、奥様のセンスが光る内装のカラーコーディネートに加えて、お母様の可愛らしいアイディアも取り入れて、調和のとれたモデルハウスのようなお家が出来上がりました。
お伺いさせて頂いた時は、たくさんのワンちゃんに出迎えられて、賑やかな雰囲気で、K様邸に携われたことを大変嬉しく思いました。
今後とも末永くお付き合いをよろしくお願いいたします。

GALLERY

※画像クリックで拡大します