INTERVIEW

お客様インタビュー

デザイン性と暮らしに必要なもの、どちらも大切にした家

N様

デザイン性と暮らしに必要なもの、どちらも大切にした家

  • 佐伯市N様邸
  • 家族構成:ご夫婦+お子様2人
  • 注文住宅

最高の家づくりパートナーとの出会い。

もともと賃貸で暮らしていたのですが、幼い子供2人の成長や、ライフスタイルの変化に合わせた暮らしができる環境について妻と話し合ったところ、マイホームを建てよう!という結論に。
実は、家づくりを始める前から「ZERO-CUBE MALIBU」の西海岸テイストに興味がありました。
しかし、実際に見学会へ行ってみると、収納や間取りなど私たちの暮らしにマッチしない部分もありました。デザイン性にこだわると、どうしても収納スペースが少なくなるなど、自分と妻の理想を両方叶えるのが難しいと感じました。

そんな時私たちの希望を聞いてマイホームのご提案してくれたのが、今回担当していただいた姫野さんでした。
私たちのマイホームプランに真摯に耳を傾けてくれる姿を見て、この人と一緒なら理想の家づくりができると思い、ベツダイで家を建てることに決めました。
私の家族が所有する農地に家を建てるつもりだったので、宅地に変更するための申請手続きが必要だったのですが、そちらも姫野さんにサポートしていただきました。家づくりに関することを全てお任せできて、非常に心強かったですね。

デザイン性と暮らしに必要なもの、どちらも大切にした家

デザイン性と暮らしに必要なもの、どちらも大切にした家

理想のマイホームに西海岸テイストをプラスしたい。

家づくりで掲げたテーマは「西海岸」。ゆとりある収納や居住スペースを確保しながら、西海岸テイストを要所に散りばめています。
外壁はブラックでコーディネートし、オリジナリティとサーフテイストを演出。リビング壁面のヘリンボーンは、湿気や乾燥に強い木材をチョイスしました。夫婦で協力し、大工さんと一緒になって一本ずつ組み上げたので、とても思い入れがありますね。
フローリングにも、無垢床のようなテイストを取り入れています。肌触りが良く、壁面のヘリンボーンともマッチしてリビング全体に温もりを与えてくれました。
和室スペースは、妻と子どもたちが心地よく過ごせる憩いの空間。内装はリビングと同系色でまとめて、収納も確保し、実用性にも配慮しています。
階段下にも収納を設けていますが、鉄骨階段のような開放感のある手すりを配置して、空間に広がりを持たせました。

デザイン性と暮らしに必要なもの、どちらも大切にした家

デザイン性と暮らしに必要なもの、どちらも大切にした家

好きなものに囲まれて、毎日を楽しむ喜び。

完成した我が家で過ごしていると、何ものにも代えがたい幸せを感じますね。賃貸で暮らしていた頃では考えられないほど、充実した生活を送っています。
開放感あふれるリビングは、家族みんなのお気に入り空間。一日の大半をここで過ごしていますね。寝室は2階なのですが、気づけばリビングで寝ていることもあるんですよ(笑)。
隣家との距離が離れているので、子どもの声や生活音を気にする必要が無くなった点も嬉しいです。上の子どもが神楽好きなので、ウッドデッキで太鼓を叩くことがあるのですが、近隣の方からも応援していただき、気兼ねなく練習ができるようになりました。
玄関の収納アイテムは、サーフィン好きの知人が作ってくれたものなんですよ。既存の商品にはないオリジナリティを感じられる、自慢の一品ですね。

デザイン性と暮らしに必要なもの、どちらも大切にした家

デザイン性と暮らしに必要なもの、どちらも大切にした家

ベースがあったからこそ実現した、スムーズな家づくり。

家づくりを進めてきた半年間、姫野さんの携帯電話には私からの着信が最も多かったのではないかと思うほど、何度もご相談に乗っていただきました(笑)。おかげで理想のマイホームを手に入れることができて、本当に感謝しています。
現在は、バイクのレストアやカスタマイズができるガレージ作りを計画しています。完成はまだまだ先になりそうですが、今から楽しみで仕方ないですね。
今回の家づくりを通じて実感したのは、自分たちが理想とするマイホーム像をイメージしておくことの大切さ。好きなスタイルやこだわりたい部分を明確にしておけば、家づくりはきっと楽しいものになるはずですよ。
今後子どもが大きくなったら、バーベキューをしながら海を眺められる屋上スペースを作ることも検討しています。その時はまた、姫野さんと一緒になって取り組んでいきたいですね。

インタビュー一覧に戻る

PAGE TOP